2010/関西医歯薬選抜2年ぶり8度目の優勝(六リーグ対抗戦)

第19回関西地区大学六リーグ対抗準硬式野球大会最終日の28日、舞洲ベースボールスタジアムで最終戦が行われ、関西医歯薬選抜が8-4で西都選抜を破り2年ぶり8度目の優勝を飾った。最優秀選手は、本宮久之選手(関西医歯薬選抜:京都府立医科大学)が受賞した。

11月28日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神Ⅱ部大学 0  6  0  0  0  0  0  0  0  6 
阪神六大学 1  0  0  0  0  0  0  0  1  2 

(京Ⅱ)鈴木(健)・大森・岡本 - 鈴木(貴)・曽根
(阪神)峠・清水 - 木下
[二塁打]濱谷・小薮(京)、島崎・木下(阪)

 

11月28日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西都六大学 0  0  0  0  2  1  0  0  0  3 
関西医歯薬 3  0  1  0  0  0  0  4  x  8 

(西 都)古澤・田中・上村 - 森本・毛呂
(医歯薬)田中(亨)・上畠 - 西浦・田中(涼)
[二塁打]上畠・北尾・甲津(医)

 

11月28日 第3試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京滋六大学 2  0  0  0  0  0  2  0  0  4 
近畿六大学 0  0  0  0  1  0  0  1  0  2 

(京滋)高矢・水野・松井 - 樋口・井浦
(近畿)佐藤・松村・大久保・西浜 - 岩谷・山口
[二]岩谷(近)

 

【最終結果】

優勝 関西医歯薬選抜  4勝1敗(12点)  2年ぶり8度目

2位 西都六大学選抜  3勝2敗(9点)

3位 阪神六大学選抜  3勝2敗(9点)

4位 京阪神Ⅱ部選抜  2勝2敗1分(7点)

5位 京滋六大学選抜  1勝3敗1分(4点)

6位 近畿六大学選抜  1勝4敗(3点)

※2位、3位は直接対決の勝敗で決定

 

【優秀選手賞】

最優秀選手 本宮久之(関西医歯薬:京都府立医大)

優秀選手   橋本真吾(西都六大学:桃山学院大)

〃       清水大嗣(阪神六大学:大阪商業大)

〃       曽根大裕(京阪神Ⅱ部:姫路獨協大)

〃       野口亜久里(近畿六大学:大阪経済大)

尚、京滋六大学選出の優秀選手は、未決定なので後日掲載致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です