月別アーカイブ: 2010年11月

2010/関西医歯薬選抜2年ぶり8度目の優勝(六リーグ対抗戦)

第19回関西地区大学六リーグ対抗準硬式野球大会最終日の28日、舞洲ベースボールスタジアムで最終戦が行われ、関西医歯薬選抜が8-4で西都選抜を破り2年ぶり8度目の優勝を飾った。最優秀選手は、本宮久之選手(関西医歯薬選抜:京都府立医科大学)が受賞した。

11月28日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神Ⅱ部大学 0  6  0  0  0  0  0  0  0  6 
阪神六大学 1  0  0  0  0  0  0  0  1  2 

(京Ⅱ)鈴木(健)・大森・岡本 - 鈴木(貴)・曽根
(阪神)峠・清水 - 木下
[二塁打]濱谷・小薮(京)、島崎・木下(阪)

 

11月28日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西都六大学 0  0  0  0  2  1  0  0  0  3 
関西医歯薬 3  0  1  0  0  0  0  4  x  8 

(西 都)古澤・田中・上村 - 森本・毛呂
(医歯薬)田中(亨)・上畠 - 西浦・田中(涼)
[二塁打]上畠・北尾・甲津(医)

 

11月28日 第3試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京滋六大学 2  0  0  0  0  0  2  0  0  4 
近畿六大学 0  0  0  0  1  0  0  1  0  2 

(京滋)高矢・水野・松井 - 樋口・井浦
(近畿)佐藤・松村・大久保・西浜 - 岩谷・山口
[二]岩谷(近)

 

【最終結果】

優勝 関西医歯薬選抜  4勝1敗(12点)  2年ぶり8度目

2位 西都六大学選抜  3勝2敗(9点)

3位 阪神六大学選抜  3勝2敗(9点)

4位 京阪神Ⅱ部選抜  2勝2敗1分(7点)

5位 京滋六大学選抜  1勝3敗1分(4点)

6位 近畿六大学選抜  1勝4敗(3点)

※2位、3位は直接対決の勝敗で決定

 

【優秀選手賞】

最優秀選手 本宮久之(関西医歯薬:京都府立医大)

優秀選手   橋本真吾(西都六大学:桃山学院大)

〃       清水大嗣(阪神六大学:大阪商業大)

〃       曽根大裕(京阪神Ⅱ部:姫路獨協大)

〃       野口亜久里(近畿六大学:大阪経済大)

尚、京滋六大学選出の優秀選手は、未決定なので後日掲載致します。

2010/六リーグ対抗戦第4日結果

第19回関西地区大学六リーグ対抗準硬式野球大会 試合結果  於:舞洲ベースボールスタジアム

11月27日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京滋六大学 0  0  0  0  0  0  0  3  3  6 
京阪神Ⅱ部 0  0  0  4  0  0  2  0  0  6 

(京滋)佐々木・水野・松永・松井 - 井浦・砂川
(京Ⅱ) 岡本・大森・鈴木(健) - 鈴木(貴)・曽根

 

11月27日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
近畿六大学 3  0  0  3  0  3  0  0    9 
西都六大学 0  0  0  1  0  0  3  2    6 

(近六)野口・井上 - 上岡・松梅
(西都)野中・田中・古澤 - 森本(敦)・毛呂
[二塁打]松嶋(近)

 

 

11月27日 第3試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神六大学 0  0  0  1  1  1  3  0  0  6 
関西医歯薬 0  0  0  0  0  0  2  0  0  2 


(阪神)西本・清水・谷口 - 上尾・田中
(医歯)木村・田中 - 本宮・甲津
[二]島崎(阪)

【第4日目までの順位(11/27現在)】
1位 阪神・西都・関西医歯薬   3勝1敗(9点)
4位 京阪神Ⅱ部 1勝2敗1分(4点)
5位 近畿六大学 1勝3敗(3点)
6位 京滋六大学 3敗1分(1点)

 

明日(11/28)の試合予定  於:舞洲BS
第1試合 京阪神 対 阪神六
第2試合 西都六 対 医歯薬
第3試合 京滋六 対 近畿六

2010/ 第19回六リーグ対抗戦 第3日結果(11月13日)

11月13日(土)  於:尼崎記念球場 

11月13日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神選抜 0  3  1  0  0  0  0  0  2  6 
西都選抜 1  0  1  0  4  0  1  0  x  7 

(阪神)清水・谷口(淳)・西本・今村 - 木下
(西都)上村・田中・東島・野中・川口 - 毛呂・深井
[二塁打]石川・木下・八杉・杉田(阪神)、坂野(西都)

 

11月13日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神選抜 0  3  0  0  0  7        10 
近畿選抜 0  0  0  0  0  0        0 

(京阪神)鈴木(健)・岡本 - 鈴木(貴)
(近 畿)松村・佐藤 - 芝池
[三塁打]濱谷・西植・曽根(京阪神)
[二塁打]鈴木健(京阪神)、田村(近畿)

 

11月13日 第3試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西医歯薬選抜 0  0  0  1  0  0  0  0  0  1 
京滋選抜 0  0  0  0  0  0  0  0  0  0 

(医歯薬)上畠・田中(亨) - 田中(涼)・西浦
(京 滋)水野・佐々木・松永・松井 - 井浦
[三塁打]上畠(医)

 

【11月13日(土)現在の順位】
1位 関西医歯薬 3勝
1位 西都六大学 3勝
3位 阪神六大学 2勝1敗
4位 京阪神Ⅱ部 1勝2敗
5位 近畿六大学 3敗
5位 京滋六大学 3敗

 

【11月27日(土)試合予定】 於:舞洲ベースボールスタジアム
第1試合( 9:00)  京阪神Ⅱ部選抜 対 京滋六大学選抜
第2試合(11:30) 西都六大学選抜 対 近畿六大学選抜
第3試合(14:00) 関西医歯薬選抜 対 阪神六大学選抜

2010/甲南大学2年ぶり3度目の秋季制覇!

大会最終日の2日(火)、舞洲ベースボールスタジアムで秋季関西地区大学準硬式野球大会の決勝戦が行われ、甲南大学が延長10回、同志社大学を3対2で破り2年ぶり3度目の優勝を飾った。

甲南大学は、延長10回二塁にランナーを置き、一番勝田がセンター前にタイムリー安打を放ち、これが決勝点となった。一方、同志社大学は、7回に4番栗山の2点本塁打で追いついたが、あと一歩及ばなかった。

優勝した甲南大学が所属している近畿六大学リーグは、来春の関西地区大学準硬式野球選手権大会に2校出場できる権利を得た。

決勝戦

11月2日 第1試合 (延長10回)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
甲南大学 2  0  0  0  0  0  0  0  0  1  3 
同志社大学 0  0  0  0  0  0  2  0  0  0  2 

(甲南) 井上・森本 - 土居
(同大) 大山・中島・森月 - 山中・美濃
[本]栗山(同大)

 

〈優勝スコア〉
http://junkoh.jp/kansai/archives/2010/Result.php

〈優勝:甲南大学〉 
http://junkoh.jp/kansai/archives/2010/Konan%20Victory.php

〈準優勝:同志社大学〉
http://junkoh.jp/kansai/Doshisha%202nd.php

2010/甲南大と同志社大が決勝進出!(秋季関西大会)

平成22年度 秋季関西地区大学準硬式野球大会は、1日準決勝2試合を行い、甲南大学と同志社大学が決勝進出を果たした。平成6年度以降の秋季関西大会の決勝戦で両校が対戦するのは初めてになる。

【準決勝試合結果】

11月1日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
姫路獨協大学 2  0  0  0  0  0  0      2 
甲南大学 2  5  3  9  5  4  x      28 

(姫路)西上・村岡 - 曽根
(甲南)森本・岩谷 - 土居
[三]勝田(甲)  [二]曽根(姫)、土居・西山・阪本・岩谷(甲)

 

11月1日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
同志社大学 0  0  2  2  0  0  1  0  0  5 
大阪商業大学 0  0  0  2  0  0  0  2  0  4 

(同大)山本・森月 - 山中
(甲南)谷口(淳)・清水 - 上尾・杉山
[二]金光・土田・前田(同)、島崎・杉田(商)

 

【11月2日(火) 試合予定】

決勝戦(10:00) 甲南大学 対 同志社大学