作成者別アーカイブ: 関西記録

2018/阪神六大学選抜 5年ぶり4度目の優勝!(第27回関西地区大学六リーグ対抗戦)

大会最終日の25日(日)、大阪シティ信用金庫スタジアムで3試合が行われた。
阪神六大学選抜と京滋六大学選抜が首位で並んでおり、両者の直接対決で京滋が勝利しているので、仮に阪神選抜が勝利しても、京滋選抜が勝てば優勝だったが、結果は阪神六大学選抜が、
関西医歯薬選抜に勝利し、京滋六大学選抜が西都六大学選抜に敗れたため、阪神六大学選抜が5年ぶり4度目のリーグ対抗戦を制した。

【最終順位】
優勝 阪神六大学 4勝1敗(12) 5年ぶり4度目
2位 京滋六大学 3勝2敗(9)
3位 関西医歯薬 2勝2敗1分(7)※3位-4位は得失点率差による
4位 西都六大学 2勝2敗1分(7)
5位 近畿六大学 2勝3敗(6)
6位 京阪神・Ⅱ部 1勝4敗(3)

【優秀選手賞】
最優秀選手賞 林 泰成(阪神六大学:阪南大)
優秀選手賞  原田友滉(西都六大学:大阪産業大)
同     佐々木康介(関西医歯薬:京都府立医大)
同     金井翔太郎(京阪神Ⅱ部:兵庫教育大)
※尚、近畿六大学と京滋六大学の優秀選手はわかり次第掲載します。

第4日目と第5日目の試合結果は次の通りです。

【第4日:11月24日(土)@大阪シティ信用金庫スタジアム】

11月24日 大阪シティ信用金庫球場 第1試合 近畿六大学-阪神六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
近畿六大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
阪神六大学 0 0 0 0 0
(近畿六大学) 林田・奥野・石橋ー高橋・橋本
(阪神六大学) 林・木下ー松山・出田
[本塁打]
[三塁打] 岡・松山(阪神)
[二塁打] 佐野(阪神)
11月24日 大阪シティ信用金庫球場 第2試合 京阪神Ⅱ部-京滋六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神・Ⅱ部 0 0 0 0
京滋六大学 0 0 0 0 4x 11
(7回コールドゲーム)
(京阪神Ⅱ部) 松本・北垣・宮本ー上山
(京滋六大学) 上山・松葉・林田ー森田
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 柴山・坂本③(京滋)
11月24日 大阪シティ信用金庫球場 第3試合 関西医歯薬-西都六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西医歯薬 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
西都六大学 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
(関西医歯薬) 林・鶴上ー新升・増田
(西都六大学) 木村・片山・里見ー土井
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

【第5日:11月25日(日)@大阪シティ信用金庫スタジアム】

11月25日 大阪シティ信用金庫球場 第1試合 阪神六大学-関西医歯薬
1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神六大学 0 0 3 0 4 0 1
関西医歯薬 1 0 0 2 0 0 0
(7回時間切れ)
(阪神六大学) 辻・宮本・下和田・木下ー北村・松山
(関西医歯薬) 上村・永澤・喜多・森岡ー伊藤・矢野
[本塁打]
[三塁打] 堀江(阪神)
[二塁打] 小羽②・北村(阪神)

 

11月25日 大阪シティ信用金庫球場 第2試合 京滋六大学-西都六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京滋六大学 0 0 0 0 0 1 0 4 5
西都六大学 0 0 0 0 0 0 4 2x 6
(8回時間切れ)
(京滋六大学) 山崎・伊達・南保ー河端
(西都六大学) 里見・井阪・山縁・小高ー土井
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 三ツ井(京滋)、黒川(西都)

 

 

11月25日 大阪シティ信用金庫球場 第3試合 近畿六大学-京阪神Ⅱ部
1 2 3 4 5 6 7 8 9
近畿六大学 0 0 0 0 0 4 0 2 0 6
京阪神Ⅱ部 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
(近畿六大学) 小林・奥野・山形ー小渕
(京阪神Ⅱ部) 宮本・秋山ー井ノ上
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 橋本②・松野・安原(近畿)

 

 

 

 

2018/第27回関西地区大学六リーグ対抗準硬式野球大会_第1日-第3日試合結果

◆第1日◆ 11月10日(土)@南港中央野球場

11月10日 南港中央野球場 第1試合 京滋六大学-近畿六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京滋六大学 0 0 0 0 0 0 0
近畿六大学 0 0 0 0 0 0
(京滋六大学) 南保・山崎・林田・上山ー森田
(近畿六大学) 石橋・林田・奥野ー小渕・橋本
[本塁打]
[三塁打] 橘(京)、中田(近)
[二塁打] 横田(京)、遠藤(近)
11月10日 南港中央野球場 第2試合 西都六大学-阪神六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西都六大学 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
阪神六大学 0 0 0 0 2 1 0 1 x 4
(西都六大学) 井阪・片山ー藤野
(阪神六大学) 林ー松山
[本塁打] 岡(阪)
[三塁打] 黒川(西)
[二塁打]
11月10日 南港中央野球場 第3試合 京阪神Ⅱ部-関西医歯薬
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神Ⅱ部 0 0 0 0 0 0
関西医歯薬 0 0 0 0 11
(京阪神Ⅱ部) 上村・秋山・北垣・光ー大垣
(関西医歯薬) 渡辺・喜多・永澤ー伊藤・新升
[本塁打]
[三塁打] 豊田(Ⅱ)
[二塁打] 井ノ上(Ⅱ)、桑田・矢野・伊藤・山本(医)
[]

 

◆第2日◆ 11月11日(日)@南港中央野球場

11月11日 南港中央野球場 第1試合 京阪神Ⅱ部-西都六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京阪神Ⅱ部 1 0 0 0 0 1 0 0 1 3
西都六大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(京阪神Ⅱ部) 松本ー大垣
(西都六大学) 小高・木村ー藤野
[本塁打]
[三塁打] 井ノ上(Ⅱ)
[二塁打] 千地(Ⅱ)②
11月11日 南港中央野球場 第2試合 近畿六大学-関西医歯薬
1 2 3 4 5 6 7 8 9
近畿六大学 0 0 0 0 0 0 0
関西医歯薬 0 0 0 0 0 0 0 0
(近畿六大学) 橋本・中田・三村・高橋ー田中
(関西医歯薬) 鶴上・森岡・佐々木・林ー伊藤・水野・石原
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 田中(近)②
11月11日 南港中央野球場 第3試合 阪神六大学-京滋六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神六大学 0 0 0 0 0 1 0
京滋六大学 0 0 0 1 0 5
(阪神六大学)
(京滋六大学)
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

◆第3日◆ 11月17日(土)@ベイコム野球場

11月17日 ベイコム野球場 第1試合 関西医歯薬-京滋六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西医歯薬 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
京滋六大学 3 0 0 0 1 0 0 2 x 6
(関西医歯薬) 永澤・喜多・上村-矢野・新升
(京滋六大学) 山崎・伊達・南保・冨田・上山ー河端・串本
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 増田・合田(医)、谷口・坂矢(京)
11月17日 ベイコム野球場 第2試合 阪神六大学-京阪神Ⅱ部
1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神六大学 0 0 0 1 3 0 0 0 0 4
京阪神Ⅱ部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(阪神六大学) 辻・粟井・上原ー松山
(京阪神Ⅱ部) 渡辺・秋山・清水ー大垣・井ノ上
[本塁打]
[三塁打] 竹田(阪)
[二塁打]
11月17日 ベイコム野球場 第3試合 西都六大学-近畿六大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西都六大学 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3
近畿六大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(西都六大学) 井阪・片山・藤間ー藤本
(近畿六大学) 石橋・近藤・林田ー高橋・橋本
[本塁打] 山縁(西)
[三塁打] 藤本・黒川・中林(西)
[二塁打]

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/全関西選抜5年ぶり7度目の優勝!(第36回全日本9ブロック大会)

名古屋市と豊田市で行われていました、第36回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会
予選リーグを1勝1敗でしたが、ワイルドカードで決勝トーナメントに進出した全関西選抜チームが、準決勝で全関東選抜チームを、決勝戦では予選リーグで負けている全九州選抜チームを接戦で勝利し、5年ぶり7度目の優勝を飾りました。

◆決勝戦(11月11日)@豊田市運動公園野球場◆
対 全九州選抜

11月11日 豊田市運動公園野球場 第2試合 九州選抜-関西選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州選抜 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2
全関西選抜 1 0 0 0 1 2 0 0 4
(九州) 力武・大曲・乙丸ー藤原・武井
(関西) 西山(和大)・崎山(大経)・北野(大府)・中村(関学)・里見(摂南)ー藤本(大産)・土井(京産)
[本]
[三]
[二] 藤本(関・大産)、山形(関・甲南)、佐藤唯(関・同大)

◆準決勝(11月11日)@パロマ瑞穂運動公園野球場◆
対 全関東選抜

11月11日 パロマ瑞穂運動公園野球場 第1試合 関西選抜-関東選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西選抜 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3
全関東選抜 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2
(関西) 吉井(京産)・大地(甲南)・田中(京園)ー土井(京産)・藤本(大産)
(関東) 村石・野口・尾崎・瀬下ー高野
[本] 齋藤(関東)
[三]
[二] 大嶋(西・甲南)、齋藤(関東)

◆予選リーグ(Cブロック)11月10日(土)◆@熱田神宮野球場
第1戦

11月10日 熱田神宮野球場 第2試合 関西選抜-北海道選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北海道選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
全関西選抜 0 4 0 3 7 0 X 14
(7回コールドゲーム)
(北海道) 平澤・西川・日向・栗原ー川島・山口
(関西) 大地(甲南)・中村(関学)・里見(摂南)ー山形(甲南)・藤本(大産)
[本] 佐藤唯(関・同大)
[三]
[二] 柴山(関・同大)・建畑(関・関学)・佐藤大(関・同大)

第2戦

11月10日 熱田神宮野球場 第3試合 関西選抜-九州選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州選抜 0 0 2 0 1 0 0 0 1 4
全関西選抜 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
(九州) 大曲・力武・乙丸ー峯・藤原
(関西) 吉井(京産)・崎山(大経)・北野(大府)・西山(和大)・田中(京園)・里見(摂南)ー土井(京産)・藤本(大産)
[本]
[三]
[二] 礒野(関・京産)

 

 

 

 

 

 

2018/立命館大学3年ぶり5度目の秋制覇!(秋季関西大会)

平成30年度秋季関西地区大学準硬式野球大会最終日の11月5日、ベイコム野球場で平成最後の秋季関西大会決勝戦が行われ、立命館大学が3年ぶり5度目の優勝を果たした。

11月5日 ベイコム野球場 第1試合 立命館大学-龍谷大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命館大学 0 0 0 0
龍谷大学 0 0 0 0 0 0
(立命館)  二宮・高橋 ー 笹部
(龍谷)  伊達・古川・中村・石井 ー 河端
[本塁打]
[三塁打]  伊藤(立命館)
[二塁打]

 

2018/秋季関西大会(第2日)準決勝結果

11月3日 ベイコム野球場 第1試合 阪南大学-立命館大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪南大学 0 0 0 3 0 0 0 3
立命館大学 1 0 1 0 6 4 x 12
(7回コールドゲーム)
(阪南) 吉見・木下 - 清水
(立命館) 中島 ー 笹部
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 中川(阪南)、伊藤(立命館)

 

11月3日 ベイコム野球場 第2試合 龍谷大学-京都産業大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
龍谷大学 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3
京都産業大学 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
(龍谷) 伊達・中村 - 河端
(京都産業) 山下・木村 ー 土井
[本塁打] 谷口(龍谷)
[三塁打] 黒川弘(京産)
[二塁打] 坂矢(龍谷)

 

【決勝戦@11月5日(月)】

10:00 立命館大学 対 龍谷大学

 

2018/秋季関西地区大学準硬式野球大会_1回戦結果

◎11月2日(金)@ベイコム野球場

【1回戦】

◆第1試合◆
近畿大学
000 000 000-0
000 010 02x-3
立命館大学

◆第2試合◆
兵庫県立大学姫路校
010 300 000-4
002 010 03x-6
龍谷大学

◆第3試合◆(7回コールド)
関西医科大学
000 000 1-1
020 804 x-14
京都産業大学

【準決勝:11月3日(土)】@ベイコム野球場
第1試合(10:00) 阪南大学  対  立命館大学
第2試合(12:30) 龍谷大学  対  京都産業大学

2018/秋季関西地区大学準硬式野球大会

平成30年度秋季関西地区大学準硬式野球大会_開会式@ベイコム野球場

11月2日(金)、秋晴れの下平成30年度秋季関西地区大学準硬式野球大会の開会式が行われました。

前年度優勝校の同志社大学を先頭に出場校7校が元気よく入場行進を行いました。

開会宣言、理事長挨拶等のあと、立命館大学の中島昇悟主将が力強く選手宣誓を行いました。

2018/秋季関西大会メンバー登録について

11月2日(金)に開会する「平成30年度秋季関西地区大学準硬式野球大会」のメンバー表をアップロード致します。

出場校は、メンバー登録表をダウンロードし、期日までに提出してください。

[記入作成方法〕
(1)主将・投手・捕手・内野手・外野手の順に記入してください。
(2)主将は、位置も記入してください。(例:主将・内野手)
(3)上級生から学年ごとに背番号の若い選手から記入してください。
(4)使用可能な背番号は、選手1〜25、31〜50番。但し、主将は10番です。
(5)監督30番、コーチ26〜29番を遵守してください。
(6)予備登録選手も同様に記入してください。
(7)予備登録選手の背番号が未定の場合は、背番号欄を「空欄」にしてください。

以上よろしくお願い致します。

関西地区連盟 競技・技術部会

【メンバー表】
Au-kansai member list

2018/立命館大学優勝!(関西六大学秋季リーグ戦)

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦は、立命館大学が優勝を飾りました。

【最終成績】
優勝 立命館大学(7勝2敗1分)
2位 関西大学(7勝3敗)
3位 大阪大学(5勝5敗)
4位 関西学院大学(4勝5敗1分)
5位 同志社大学(3勝6敗1分)
6位 神戸大学(2勝7敗1分)

優勝した立命館大学は、11月2日(金)開幕の平成30年度秋季関西地区大学準硬式野球大会に出場します。

2018/第27回六リーグ対抗戦_メンバー登録について

六リーグ対抗戦出場リーグ各位

大変遅くなりましたが、第27回リーグ対抗戦のメンバー登録用紙をアップロード致します。

期日までに作成して、担当の松尾理事まで添付送信願います。
尚、エクセル形式の登録用紙のシートに各リーグ名を記していますので、
各自のリーグのシートを開いて作成して下さい。

以上よろしくお願いいたします。

リーグ対応戦実行委員会

【メンバー登録用紙】
2018-27th-Menber-List