2009/第61回関西地区大学準硬式野球選手権大会

新型インフルエンザの影響で延期になっていました関西選手権大会が、30日(土)晴天の下、尼崎記念球場で開会した。今年度は、3つの会場で6月8日までの予定で分散開催する。

第一目の今日は、2試合が行われ、第1試合は関西学院の猛攻で18-2で奈良県立医科大学を下した。続く第2試合は、緊迫した投手戦を戦い、9回で決着がつかず、今大会の特別ルールにより6月3日にサスペンデットゲームとして10回から継続試合とした。

(結果は次のとおり)

第一試合

奈良医科大学 対 関西学院大学

 関西学院大学

10

18

 奈良県立医科大学

                                          〈規定により7回コールドゲーム〉
(関学) 内垣・川瀬 - 石田・池田    (奈医) 野木・松原・弧杉 - 西川
[二塁打] 吉岡・富田・内垣・原田・廣橋(学)、北尾2・中村(奈)

第二試合
龍谷大学 対 甲南大学

甲南大学

龍谷大学

〈規定により継続試合〉
(甲南) 石原 - 岩谷  (龍谷) 大島・富樫 - 原
[三塁打]奥谷(甲)  [二塁打]岩谷(甲)

【6月3日の試合予定】 於:神戸市総合運動公園サブ球場
継続試合(9:30)  甲南大学 対 龍谷大学(10回から)
第一試合(10:30) 大阪商業大学 対 近畿大学Ⅱ部
第二試合(13:00) 桃山学院大学 対 大阪経済大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください