2011/関西地区二次トーナメント最終日結果

 雨で2週順延となったが、14日最終日を迎えた関西地区大学準硬式野球トーナメントは、関西大学が、8回に勝ち越し、3-2で立命館大を破り、全日本選手権大会第4代表の出場権を得た。

また、続く第5代表決定戦は、終盤追い上げられたが、立命館大学が辛くも逃げ切り、関西地区第5代表で全日本選手権大会の切符を獲得した。

惜しくも敗れた大阪市立大学医学部は、清瀬杯全日本選抜大会に出場します。

試合結果は次のとおりです。

 

6月14日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西大学 0  1  0  0  0  0  1  1  0  3 
立命館大学 1  0  0  0  0  1  0  0  0  2 

(関大)中澤・梅脇 - 川田   (立命)森本(慎) - 福井
[三]久保(関)   [二]酒井・高木・森田(関)、氏家(立)

 

6月14日 第2試合
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪市立大学医学部 1  0  0  0  0  1  0  1  2  5 
立命館大学 2  0  0  2  0  0  0  3  x  7 

(市大)河崎 - 佐々木    (立命)森本(慎)・中川 - 福井
[三]福井(立)   [二]辻野・佐々木(市)、氏家2(立) 

 

 

 【組合せ表】
ファイルをダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください