2012/関西学院大5年ぶりの関西王者!

5月17日、第64回関西地区大学準硬式野球選手権大会の決勝戦及び三位決定戦が行われ、関西学院大学が、5対0で同志社大学を破り、5年ぶりに関西の頂点に立った。

惜しくも敗れた同志社大は、関学大西投手に2安打に押さえられ、2年連続優勝に一歩届かなかった。

また、午前中に行われた三位決定戦は、甲南大学が5対1で京都産業大学を下し、三位になった。

この結果、8月の第64回全日本大学準硬式野球選手権大会には、関西学院大学、同志社大学及び甲南大学が出場件を得た。残り2校の出場枠は、19日からの関西2次トーナメント大会で決定する。

結果は次の通りです。

V_Kwanseigakuin

 

優勝:関西学院大学

 

【決勝戦】
5月17日 第2試合

 123456789
同志社大学0000000000
関西学院大学00000500x5
(同大)福留・長谷川・川添 - 牧・西垣
(関学)大西 - 斉藤
[二]斉藤(関学)

【三位決定戦】
5月17日 第1試合

 123456789
甲南大学0000005005
京都産業大学0000100001
(甲南)森本-土居
(京産)川口-深井
[三]土居(甲)   [二]鈴木(彰)(甲)